こんな依頼もあります「球根の植えこみ」

少し前に、よく通わせていただいているお宅に伺い、チューリップの球根の植えこみをさせていただきました。

 

毎年の恒例行事になっていて、その依頼をしていただくと年末が来るという感じがしています。

 

チューリップは、早咲きだと3月下旬から、普通は4月中旬、遅咲きで5月、という感じです。

 

そこの奥さんが幼少時代の庭の雰囲気を保ちたいと、毎年、球根市に行って買ってくるのだそうです。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、チューリップは元々多くの品種改良を経て、バラとともに、とても多くの園芸品種が存在する花です。なかには「これチューリップ?」というものでさえあります。

 

一重、八重、内側に入り込むもの、外側に反り返るもの、ギザギザになるもの、細い花弁が寄り添ってできているもの・・・とにかく種類も色も名前も覚えきれないぐらいあります。

 

ピンクダイヤモンド、イエローサン、オスカー、オックスフォード、ダーウィスノー、ワシントン・・・・

 

本当に数えきれない程の種類があります。

 

植える時に注意している事は、開花時期の組み合わせ、背の高さ(背が高いものが低いものの前に来ないように)、植え付ける間隔(球根3つ分あける、というのが一般的)、植え付ける深さ(だいたい球根の高さ2つ分。深すぎても浅すぎてもダメです)そして、葉っぱの向きです。葉がどの方向に出るかは球根の時点でだいたいわかります。