階段の修理で気づく事

先週末に、個人宅の、一階から二階につづく階段の修理をしてきました。

久しぶりの木工仕事でしたのでとても楽しく作業させていただきました。

 

(ここから少々「男の子」的なディテールが出てしまいます・・・)

 

木工作業にかかせないものと言えばインパクトドライバーです。

いわゆる電ドラなどと言われる充電式電動ドライバーですが、回転するだけではなく、振動が加わる事でビスを押し込む力が強くなるものです。

 

10年前ぐらいからでしょうか、リチウムイオン電池が急速に発達したのでパワーと持続性がどちらも確保できていて、本当に使いやすいです。

 

ちなみに愛機はマキタの14.4V3.0Aのインパクトです。

 

そういえばヨーロッパに住む友人に聞いたのですが、世界的に日本の電動工具は本当にどこに行っても認められているそうです。

 

その友人もマキタか日立のユーザーなのですが、現地で当面の作業の為に必要になり、ホームセンターで購入しようと思い、海外製のものを眺めていたそうです。

 

そこへ現地の職人さんがやってきて、「だめだめ、ボッシュ(ドイツの割と良いブランドです)なんか買ったんじゃ。プロだったらマキタかヒタチにしなきゃ」と言ってきたそうです。

 

もちろん、その職人さんのリップサービスもあったのでしょうけれど、たしかにそのあたりの日本製の性能は本当に素晴らしいものです。

 

今後の日本製品の世界展開と、新しく出る製品にも注目していきたいと思います。