草むしりと草刈りの作業

今日は草むしりと草刈りの作業をしてきました。

 

玄関の植え込み回りはご主人の趣味の野草が一緒に植わっている事もあり、手で雑草を抜きました。この時期にやるかやらないかで(種がとんでしまう事で来年生えてくる量が決まるので)かなり差が出るので、今やるのはとても良いと思います!

 

正直、あまり野草には詳しくないのですが、クマガイソウとかアツモリソウとか、わりと有名なものがあったので、間違って抜いてしまわないように緊張しましたが、丁寧に作業をしたらとても綺麗になりました。

 

そういえば、以前に伺った家にはウラシマソウが生えていました。ナンテンショウ属のもので、田舎出身の人なら、山と里の間に生えるマムシグサに似ている、と言えばわかるかもしれません。

 

変った特徴があり、花の一部がとても長く、ヒモのようになっています。そして、それの上を小さい虫が歩いていくと花の内部に到着し、抜けられなくなるという仕掛けを持っています。どうやらそれが浦島太郎の釣り竿と釣り糸に似ている事からウラシマソウという事になったらしいです。

 

そんなこんなで、慎重に雑草を手で抜く、気を使う作業が長く続いたので、草刈りの方はのびのびとやらせていただきました。

 

今後もよろしくおねがいします。